Route Seven

CASE事例

車両情報管理システム

概要

車両に取り付けられたデジタルタコグラフが、車両情報(クルマの位置情報や急加減速、ハンドル操作、停車などのイベント)をモバイル通信を使って自動送信します。
車両情報をアプリやWEB経由で確認することができ、リアルタイムに位置確認や、運転者に指示を出すことが可能になります。
それにより車両がどこにいるのかリアルタイムで把握でき、配送(もしくは集荷)の効率アップにつながります。

システム構図

現状の問題点

・ 稼働中の車両とドライバーの状態がつかめなくて困る
・ 労務管理、リスクマネージメントをすっきりとしたい
・ チャート紙や記録媒体の管理が大変だから何とかしてほしい
・ 記録の取りまとめに時間がかかってほかの仕事ができない
・ データが壊れたらどうしよう。できるだけ触りたくない
・ クルマも人も動きに無駄が多くて燃料代の節約できないかな?
・ 事故が多くて、保険料が高い。なんとかドライバーに安全運転してもらえないだろうか

導入効果

・ どのクルマがどこにいるかがわかるから配送(もしくは集荷)の効率が高くなった。
・ 自動送信で、データに触らなくていいから安心
・ 集計しなくていいから、ほかの仕事に集中できるようになった
・ 記録媒体、チャート紙の管理がいらないから、ドライバーが運転に集中できる
・ 燃料代も節約できてCo2排出量も減少
・ 職場環境の改善にもつながる

システムの応用事例

・ どのクルマがどこにいるかがわかるから配送(もしくは集荷)の効率が高くなった。
・ 自動送信で、データに触らなくていいから安心
・ 集計しなくていいから、ほかの仕事に集中できるようになった
・ 記録媒体、チャート紙の管理がいらないから、ドライバーが運転に集中できる
・ 燃料代も節約できてCo2排出量も減少
・ 職場環境の改善にもつながる

< 前の事例へ 一覧へ戻る 次の事例へ >