稼働状況管理システム

概要

コインロッカーユニットから売上と利用状況(利用中か空いているか)をモバイル通信を使って自動送信します。
運営者は日々の売上管理と利用状況の分析に活用できます。
また、利用者に空き情報をWEBやスマホアプリ、専用案内板で伝えることで、空きロッカーへの誘導を確実なものにします。
それにより売上のチャンスロスを撲滅でき、利用状況を明らかにすることで、次に打つべき一手が見えてきます。

システム構図

現状の問題点

・ コイン式で、売上の回収も面倒だけど、どこがいつ一番稼いでいるのかがわからない。
・ 売上が今後伸びる余地があるのか、現状で目いっぱいなのか掴めない
・ 空いている場所もあるから、効率よく全部をつかってもらいたい。
・「鍵」をなくす人がいるんですよ。困ったものです
・ 長期間の利用がどの程度回転率に影響しているか把握できない
・「早く預けたい」のに、荷物を持って探すのが大変。利用者に優しくない
・ 空いてるか利用中なのか素早くわかる方法がほしい

導入効果

・ 売上情報の管理が楽になった
・ 稼働状況もわかり、今後の方針が立てやすい
・ あらかじめ空き情報が分かるので、無駄に動かなくて良い
・ どの位置が埋まりやすくどこに誘導すべきなのかわかっていいね
・ 鍵を紛失するケースがなくなった
・ 問題の発見(長期占有など)がしやすくなった

システムの応用事例

・ 高回転で人気のあるレンタル品
・ 遠隔でモニタリングをする農業のセンサー情報
・ 気象状況を監視し、取りまとめたデータを一定間隔で送る
・ 遠隔地での死活監視



< 事例1を見る

  

事例3を見る >